前へ
次へ

不動産売却に際し、どれ位の費用が掛かるのか

不動産を売却する際には、様々な費用が掛かります。その金額は、不動産売却価格の5%程度です。費用のうち、最も大きなウェイトを占めているのが、仲介手数料になります。仲介手数料に含まれているのは、通常の営業活動において発生する費用です。不動産会社では、物件の情報をサイトに掲載します。資産価値を保全する為、測量や修理等を行った場合は、別途費用が請求される為注意が必要です。不動産売却が行われる時は、契約書や領収書を作成します。そういった文書には、収入印紙を貼り付けなければなりません。契約金額の違いによって、金額が異なる為予め不動産業者へ確認しましょう。不動産売却の際に、抵当権を抹消しなければならない場合があります。その費用は、5000円から2万円程度です。不動産売却によって得た利益は、譲渡所得になります。不動産売却に向け建物のクリーニング、土地の整備等を行う場合はその費用を、業者へ支払わなければなりません。しっかりとした資金計画を、立てた上で不動産売却を行いましょう。

Page Top