前へ
次へ

自宅で生活しながら不動産売却を行う方法

自分自身が生活している戸建てやマンションなどを、不動産売却として売りに出す人は多くいます。ただし売り出してしまうと直ぐに退去というわけではなく、売り出しながらも生活する事は可能となっています。ただし不動産売却際の退去のタイミングなどは、しっかり把握した契約内容など考慮する必要があります。まず不動産売却を行なっていても直ぐに購入者が決まるわけではなく、売り出している期間もあります。不動産売却中の間であれば通常通り生活を続けて、購入者が見つかり売買契約を行った後に退去するという事も多くあります。不動産売却後の引き渡しは平均すると契約した後の1週間程度が多くあるので、その間に引越しする事が可能です。あくまでも購入者側との契約によるので、退去の時期などは契約後の1週間や1ヶ月後など自由に決める事ができます。ただし勝手に決めるのではなく購入者側と相談した上で、引き渡すタイミングを決める事が大切です。あまりに退去がバタバタしてしまうのが嫌な場合は、不動産売却中に早めに引越し先を見つけて退去しておくという方法も有効的です。

Page Top